FC2ブログ

310郎日記

310郎の日記です。

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
中と報じられとったが14日(月)、都内で行われた』の公開記念舞台挨拶に登場したちうわけや。報道陣から、別居について聞かれた和泉は「情報が古くさいや。一緒に住んでまんねんよ」と発言し、を強調したちうわけや。
もう、何を言っても無駄なきがしまんねん。この人からちうと同じ臭いがしまんねん。あと、みたいな臭いもしまんねん。まあ、胡散臭いちうか。
同作は、スキャンダルの暴露から波乱に満ちた人生を送る画家の物語。和泉は「1つの作品を作る時の感情って、執念だと思うわ。時には犠牲にしはる事もあったりちう責任感には共感できまんねん」と長い歴史を受け継ぐ伝統芸能に携わる立場としてコメント。

映画の内容にあった人を舞台挨拶によんだんや。よく、受けたなあ。

またぐら、約600年以上続いとる狂言に対し、和泉は「生涯を捧げて、次の世代へと土台を作る人生になると思う」と今後の意気込みを語ったちうわけや。

狂言が心配になってくるちうわけや。この人狂言の実力はどうなのやろうわ。(いちかわ えびぞう)は女性スキャンダルも多いけど実力は充分らしいやね。確かに」とかで主演して、(よねくら りょうこ)と知り合ったちうわけや。

 現在、初舞台を控える息子の指導に精を出しとるようで「センスがあるかは評価はでけへんけれど、間がええ」とベタ褒めし、「(稽古は)毎日!」きょうびは取材陣の張り込みが少なくなりよったようで「ありがたいや。でも、幸せな時の元彌も撮ってくれへんかの」と報道陣に呼びかけ「はワテの辞書にはないだす」と笑みを浮かべとったちうわけや。

なんか、気持ち悪いちうわけや。なにか大事が起こりそうや。嵐の前の静けさみたいな。  

                 
スポンサーサイト
Trackback [x]
Comment [x]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。